ハーバリウム作り体験してきました

スポンサーリンク
レクタングル大

ハーバリウム作りを体験

夏休みということもあり子供と一緒に、人気のハーバリウムの作成を体験してきました。

無料の体験だったので、親子で1つ作成。元々子供向けの体験ではなかったにもかかわらず、連れて行ってしまったのに快く受け入れて頂けました。感謝です。

ハーバリウムとは
ガラス瓶の中にプリザーブドフラワーやドライフラワーなどの乾燥処理をした植物を入れ、アルコールや防腐剤などに浸して保存したもの。造花ではなく本物の花を利用して作る点が特徴で、日光を当てたり水をあげたりする必要がなく、長期間鑑賞できる。また場所を選ばずに飾れることから、インテリアやギフトとして人気を集めている。
出典 コトバンク

いよいよ作成

テーブルの上には様々な花材が置かれていました。見本も置かれており、娘は見るなり作りたーいと大興奮。

15人程のグループで、先生の説明を受け早速作り始めます。

作業の流れ

1.好きな花材とってくる

2.入れる順番を考える

3.半分花材を入れる

4.オイルを入れる

5.残りの花材を入れる

6.オイルを入れる

7.気泡がなくなるまでしばらく放置

8.蓋をして完成

各々好きな花を集めてきて自分の席で作成していきます。

娘は色とりどり色んな花を取ってきました。
用意してくれたビンは直径4cm×高さ12cm
ビンは分厚いので思ったより入りません。

茎を切ったりしながら調整します。

娘は2番目の入れる順番はすっ飛ばしてガンガン入れていきます(^^;)
見た目がどうとかは関係ないんですね、「花材をビンに入れる」という作業が楽しいようです。
作業中の写真撮ればよかったなぁ

周りの方をみていてもビンにどれだけ入るかは入れてみないと分からないので、入れたり出したりしながら調整していました。

花材を上まで入れてしまったので半分出して4番目の工程のオイルを入れました。
オイルを入れるとビン越しの雰囲気が変わってよりキレイに見えます。

一旦出した花材ももう一度入れて完成させます。半分オイルが入った状態だと花材を入れにくい。しかも倒したらこぼれちゃう!
案の定娘は倒したのですが、オイルがドロッとしているのですぐにはこぼれませんでしたが、要注意です。

ビンの上までオイルを入れて気泡がなくなるのを見届け蓋をして完成しました!

ハーバリウム

ぎゅうぎゅう詰めになってしまいましたが、これはこれでキレイに出来たんではないかな?

作業自体は簡単なのですが、よりキレイに!を目指して夢中になってしまいます。狭いビンの中でどうレイアウトするのか試行錯誤するのが楽しかったです。

直射日光は良くないとの事だったので玄関に飾っています。

ハーバリウム


人気ブログランキングに参加しています

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする