腸内環境を整える効果あり、水溶性食物繊維豊富のもち麦

スポンサーリンク
レクタングル大

最近もち麦を食べてます

ダイエット効果ありなど何かと話題のもち麦。

もち麦にはβグルカンが豊富に含まれています。
水溶性食物繊維の一種であるβグルカンは余剰の糖質やコレステロールを包み込むように吸着して体外に排出してくれる働きがあります。

β-グルカンの3大効用
食後の血糖値上昇を緩やかにする、コレステロール値を下げる、便秘解消
出典 日経ウーマンオンライン

プチプチした食感で弾力がありよく噛んで食べることによって満腹感を早く感じることが出来るようになって食べすぎを抑えられるとの事。

もち麦を白米に混ぜることによって、食事の全体量を減らせたら良いなとの思いで始めました。

我が家の食べ方

イオンで購入しました。
TVもち麦

現在2袋目が無くなりそうです。

白米に混ぜて炊いてみた

白米1合に対してもち麦1/3合
白米1合といつもの水加減で炊飯器のお釜の目盛りに合わせた中にもち麦1/3合と水100ccを入れて炊きました。

夕食に出したところ、娘から拒否反応( ノД`)
真っ白ご飯が大好きな娘は麦の茶色い線が許せないようです(^^;)
今ではふりかけご飯やどんぶりなども食べますが、以前はご飯に色がついたものは食べませんでした。おかずもなしでご飯だけ食べるということも。

手軽に食べれると思ったのに想定外です。

もち麦だけで茹でてみた

白米に混ぜて炊くのは難しくなったので、もち麦だけで茹でてお味噌汁やスープに入れて朝ごはんで食べることにしました。
それまでは毎朝食パンとコーヒーとヨーグルト。
食パンには色々なものを乗せたりぬったりしてたので、多少量が減ったかな?

2週間ほど私だけが朝食に食べてましたが、旦那も食べることに。
自分から言い出しました。健康が気になるお年頃のようです。

旦那は毎朝菓子パンを食べていたので私よりも高カロリーで不経済。
買い物の度に菓子パンを買わなくてよくなったので嬉しい限り。

3、4日食べたら硬いと言い出したので、茹でる前に吸水時間を置くようにしました。

それまでは沸騰したお湯にもち麦を入れて15~18分茹でてザルにあげ、水で軽く洗ってスープの中に入れていました。

今は前日の夜にお鍋にもち麦とたっぷりの水を入れ、翌朝そのまま火にかけて沸騰してから15~18分茹でてザルにあげ、水で軽く洗ってスープの中に入れています。

もち麦茹でたところ

プチプチとした食感だったのがモチモチとした食感になりました。白米と炊いた時と同じような食感。吸水時間を取らない時より一粒ずつが大きい感じ。

もち麦入りスープ
シンプルな朝ごはん。今回は市販のわかめスープの中に入れました。
色々な市販のスープに入れてみましたが、何でも合います。

効果は?

食べ始めて1か月ほど、まだ体重には大きな変化はありません。特に便秘ではなかったのですが、腸内環境は良くなったと感じることが出来ます。
体脂肪は少し減ったかな。

朝食もこれだけでお昼まで持ちます。以前はすぐお腹が空いてた気がします。

今回このブログを書くにあたってもち麦の話題を調べていたところ、朝夕2回食べると一日中血糖値の上昇を防いで太りにくくする効果が期待できるようです。
夕食でももち麦食べてもう少し食事量を減らそう!


人気ブログランキングに参加しています

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする