(卵巣がん)抗がん剤治療終了、ひと段落つきました

スポンサーリンク
レクタングル大

抗がん剤治療終了

11月14日に6回目の抗がん剤治療を受けました。
これで最後の抗がん剤治療です。

今回で終わりということもあり、今までとストレスがずいぶん違いました。
入院中に出た副作用としてはいつも通りな感じで体はしんどかったですが、比較的元気に過ごせたと思います。前回までは入院後半は寝てばかりでしたが、今回はコンビニへ買い物に行くことも出来ました。

抗がん剤点滴中は血管から抗がん剤が漏れていないか頻繁に確認してくれます。漏れると皮膚が壊死して手術が必要になったりするそうです。

点滴のパックを心臓より低い位置に置くとチューブに血液が逆流するのですが、正常に点滴で来ていないと逆流しないそうなので、逆流を確認することによって漏れてないと判断しているようです。(針の刺さっている場所も見てくれます)

前回までは問題なく逆流していたし、むしろトイレに行く度逆流して気を使っていましたが、今回はなかなか逆流が確認できない時が多くハラハラしました。
それでも漏れることなく無事に点滴を終えました。

抗がん剤治療を重ねると血管にもダメージがあるようで血管が細くなり探しにくくなるそうです。私もかなり見えにくく、取りにくくなってきてます。
今更ですが、毎回左腕に点滴をしてもらってましたが、交互の方が良かったのかもしれませんね。

現在残っている副作用は手足のしびれだけです。回を重ねるごとに少しずつ強くなってきています。
リリカを飲み始めて軽くもなったのですが、点滴を受けてまたひどくなってきました。
寝る前と朝と2回飲むようにしています。
リリカの副作用で眠気、めまいなどがあるようなので朝はあまり飲みたくなかったのですが、日常生活に支障が出てきているので仕方なしです。

抗がん剤点滴当日の朝、その翌日の朝がしびれに関してはかなり軽くなっていたので、抗がん剤周期だった3週間が過ぎた頃から良くなるんじゃないかと期待してます。

退院後検査

先日のCT検査を受けてきました。
血液検査によるがんマーカーの数値も正常範囲、CT検査の結果、再発、腹水もなし。という結果でした。3回目の抗がん剤治療後もCT検査を受けていて、その時も同じ結果だったので大丈夫だろうと思ってましたが、安心しました。

退院後4、5日経った頃抗がん剤の点滴の針を刺した付近が内出血の様になっていました。
検査の時に先生に確認したところ、抗がん剤の影響で炎症が起きているが今のところ様子を見ましょうとの事でした。日に日に色は消え痛みもなくなってきているので問題はなさそうです。
上にも書きましたが、目に見えないところで血管もかなりのダメージを受けているようです。

しびれ以外に気になる症状もなく、これで抗がん剤によるがん治療はひと段落です

ヾ(*´▽`*)ノ

あとは再発がないかの確認に2か月に一度血液検査、半年後CT検査をするそうです。
結果が良かったからかもしれませんが、もっとマメに検査をするのかと思っていました。

6月半ばに卵巣がんの可能性を告知され、5か月余り。
精神的にも肉体的にもツライ日々が続きましたが、終わってみればあっという間。
まだしびれの副作用は残っているし、再発の可能性もないわけではないけれど、平穏な日常生活が戻りつつあります。


人気ブログランキングに参加しています

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする